③高野山・町石道チャレンジ!(道に迷い、みかんの妖精に出逢う)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~②の続きです。◎道に迷い、みかんの妖精に出逢う町石道の道しるべ、町石。空海さんが卒塔婆(そとば)を立てて目印としたのがはじまりですが、木製なので腐食してしまい、後生に石へと変わりました。この町石は、1町(約109m)おきにたって、巡礼者を高野山へと導いてくれます。石は空海さんの故郷、讃岐産の花崗岩を使用しているそうです。高さ3.3メートルある町石は、五輪塔形式になっていて、上から空輪・風輪・火輪・水輪・地輪の5つの石で構成されています。大きなタケノコさんが生えていました。しばらく柿やみかん畑の脇をてくてく登ります。夏は日差しを遮るものがないので、結構暑いと思います。勾配もきついので、水飲みまくりでした。竹やぶがあらわれました。木陰になっている美しい道。竹やぶの中の172町石。ふう…またしばらく段々畑の間を歩いていきます。畑にとっては最高の日差し!夏の巡礼者にとっては厳しい日差しです。10:30。展望台に着きました。ずいぶん高いところまで登ったなあ…。あずまやもあるので、木陰でちょっと休憩。私の前を歩いていた、30代くらいの青年と(後で聞いたら高野山の若いお坊さんだったみたいです)60代くらいのおじさまも休憩中。少し話を交わします。ここまでも結構ハードなので、しっかり水分補給をして、行動食もとります。久しぶりに滝のような汗をかいたので、梅干しなどのしょっぱいものがとても食べたくなりました。しばらくしたらまた歩き始めます。歩いていると、段々畑の…

続きを読む

②高野山・町石道チャレンジ!(慈尊院からスタート)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~①の続きです。◎慈尊院からスタート朝食を済ませたら、9時前に宿を出て、歩いて学文路(かむろ)駅まで。歩いて20分くらいかな。木造の可愛らしい駅です。ここから九度山駅まで1駅。九度山駅に着いたら、町石道の起点となる、慈尊院を目指します。てくてく歩いて行くと、九度山は趣のある家屋が建ち並びます。亀さんとまだ眠そうなワンちゃんにも出逢いました。20分くらい歩くと、見えてきました!慈尊院です。慈尊院は、空海先生がお母さんのために建てたお寺。明治時代の女人禁制が解かれるまで、女性は山に登ることはできず、高野詣は慈尊院まででした。空海先生のお母さんでさえ、登れなかったんです。そんなことおから女人高野とも言われています。ありがたく登らせていただきます!(合掌)空海先生が建立した多宝塔。この左脇に丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)の長い階段があります。丹生官省符神社の階段。丹生官省符神社は、ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一部です。お寺に神社?と不思議に思われるかもしれませんが、神仏習合(しんぶつしゅうごう)と言って、古来、日本人は神も仏も一緒にお祀りしていました。(明治維新の廃仏毀釈で離されますが)日本独特の宗教形態である神仏習合の実態を示す貴重な資産になっています。この鳥居の右端に、180町石のはじまりがあります。町石のはじまり。ひっそりと佇んでいますので、見逃してしまわないように注意です。町石道には、このような五輪塔型の…

続きを読む

①高野山・町石道チャレンジ!(前日は橋本で1泊)

〜世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!〜(①Challenge to the world heritage Koyasan pilgrimage road!)1200年前に空海さんによって開創されて以来、高野山は庶民から天皇まで幅広く信仰を集めてきました。この聖地へ向かう道は、高野七口(こうやななくち)と呼ばれ、七つの道に集約されています。その中でも表参道として古くから知られるのが「町石道(ちょういしみち)」と言われる山道です。町石道は高野山開創直後から建設されたと言われており、一丁(109m)ごとに参詣者を導く五輪卒塔婆が建てられました。高野山の麓、九度山(くどやま)にある慈尊院から出発して、山上の西口の玄関、大門へと抜ける全長約24キロの道には、天皇や貴族によって寄進された216本の町石が、今でもほぼ完全な形で残って残っています。今、高野山へのアクセスは電車やケーブルカーを使うことができますが、昔は自分の足で登りました。貴族でさえも馬を使わず、わらじを履き、自分の足で登り参拝したと言います。(貴族階級として初めて登ったお方は、藤原道長さん。(1023年))高野山へは5〜6回目ですが、次はどうしても自分の足で登ると決めていたので、今回は町石道に挑戦することにしました!◎前日は橋本で1泊登山の前日は、高野山の麓、橋本に泊まることにしました。この日は橋本も暑い!半袖です。駅前には謎のまことちゃんが!!怖いよ…wどうやら楳図かずおさんの地元らしいです。 本日お世話になるのが、「ゆの…

続きを読む