③高野山・町石道チャレンジ!(道に迷い、みかんの妖精に出逢う)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~②の続きです。◎道に迷い、みかんの妖精に出逢う町石道の道しるべ、町石。空海さんが卒塔婆(そとば)を立てて目印としたのがはじまりですが、木製なので腐食してしまい、後生に石へと変わりました。この町石は、1町(約109m)おきにたって、巡礼者を高野山へと導いてくれます。石は空海さんの故郷、讃岐産の花崗岩を使用しているそうです。高さ3.3メートルある町石は、五輪塔形式になっていて、上から空輪・風輪・火輪・水輪・地輪の5つの石で構成されています。大きなタケノコさんが生えていました。しばらく柿やみかん畑の脇をてくてく登ります。夏は日差しを遮るものがないので、結構暑いと思います。勾配もきついので、水飲みまくりでした。竹やぶがあらわれました。木陰になっている美しい道。竹やぶの中の172町石。ふう…またしばらく段々畑の間を歩いていきます。畑にとっては最高の日差し!夏の巡礼者にとっては厳しい日差しです。10:30。展望台に着きました。ずいぶん高いところまで登ったなあ…。あずまやもあるので、木陰でちょっと休憩。私の前を歩いていた、30代くらいの青年と(後で聞いたら高野山の若いお坊さんだったみたいです)60代くらいのおじさまも休憩中。少し話を交わします。ここまでも結構ハードなので、しっかり水分補給をして、行動食もとります。久しぶりに滝のような汗をかいたので、梅干しなどのしょっぱいものがとても食べたくなりました。しばらくしたらまた歩き始めます。歩いていると、段々畑の…

続きを読む