2015年07月03日

ホンキのパワースポット、出羽三山のお話し

出羽三山神社.JPG

今日の東京は梅雨らしい天気。まぶしい夏が待ち遠しいですね〜。

さて、昨今の旅行や観光はただ見て帰るのではなく、普段できない体験や経験をして、いかに素敵な思い出を作るかという「体験型」が主流です。日本国内も海外に負けない素晴らしい場所がたくさん。現地でエネルギーをチャージして日々の疲れを癒し、ツキを呼ぶ開運体質になりましょう!

今年の夏のイチオシは、日本屈指のホンキのパワースポット、山形の出羽三山です。出羽三山の開創は6世紀末。第32代崇峻(すしゅん)天皇の第三皇子「蜂子皇子(はちこのおうじ)」の開山です。21世紀の今でも山伏さんが修行されている、山伏の聖地です。
「出羽三山(でわさんざん)」とは、月山・羽黒山・湯殿山の三山の総称。それぞれ山頂に神社が鎮座しています。しかしながら、三山すべての神社に参拝するのは大変(冬場は閉山)なので、羽黒山の「出羽(いでは)神社」に三山が合祀されています。こちらを参拝すると、3つの神社に参拝したことになるというわけです。

山形は何を隠そう、全国屈指の即身仏のメッカ(←“メッカ”という言葉はイスラム教の聖地から来てるけど)。即身仏とは五穀断ち⇒十穀断ちの⇒木食行などの苦行を行い、ミイラとなって亡くなった後も世の中の救済のために仏になる行者さんのことです。

日本で一番最初に即身仏になったお方は、そう、あの空海さんなんです!空海先生は、即身仏のパイオニexclamation目平安時代後期、弘法大師は高野山の奥の院に入定され、即身仏となって今でも私たちの幸せを祈り続けています。

で、日本国内には十数体の即身仏があると言われていますが、そのほとんどが出羽三山周辺にあるんです。目

やまがた庄内観光サイト「即身仏を訪ねる旅」
http://www.mokkedano.net/course/67

即身仏について、みうらじゅん氏も語っています!
https://www.1101.com/shimaguni/jun/2007-09-23.html

亡くなってもなお、ミイラとなって人々を救おうと即身仏になるお坊さんが沢山いたということですから、出羽三山の霊気といったら、並ではありません! 本当に強い…。出羽三山はホンキのパワースポットなんです!ぴかぴか(新しい)

出羽三山の功徳と言えば、過去のカルマを癒し、曇りを払って未来への活力を与えてくれるとのことです。(『このパワースポットがすごい!』若月佑輝郎著より)

(出羽山神社では、徳川家康没後400年ということで、御神像特別参拝を行っています。なかなか拝めませんのでぜひこの機会に)


…そんな訳で、8月に出羽三山で開催する<山形・出羽三山☆宿坊ヨガ&お月さま瞑想リトリート>に参加してみませんか?
日頃、凝り固まった体をヨガで優しくほぐし、お月さまを使った瞑想法で心の浄化をして“自分自身がツキを呼ぶパワースポット”になりましょう!ご興味がある方はご連絡くださいませ。若干ですが、まだ空きがございます。

開催日: 8月8日(土)ー9日(日)

開催場所:羽黒山 宿坊『大進坊』

料金:13,900円 (事前お振込み制)

定員:先着10名さま


<スケジュール>

◎8月8日(土)

15:00  宿坊『大進坊』に集合

(駐車場が大きいので地元の方はマイカーOK。東京方面など他からいらっしゃる方は、鶴岡駅からバスかタクシーにて)

15:30ー18:30 癒やしのヨガ&ツキを呼ぶお月さま瞑想レクチャー

☆私の方からは、出羽三山の歴史や開運ポイント、ヨガと密教の関係などのお話のあと、ツキを呼ぶ!お月さま瞑想レクチャーをいたします。そのあと、著書のサイン&即売会もいたしますので、よろしければこの機会にどうぞ。

夕食(地元の食材を使ったボリュームのある精進料理)


◎8月9日(日)

6:30 ご祈祷(希望者のみどうぞ)

朝食(地元の食材を使った精進料理)

羽黒山トレッキング&ご参拝

解散(正午頃)

鶴岡市観光など。


ひらめきご予約・お問い合わせ(メールフォームからお気軽にどうぞ)

http://qq5qq.info/lKPU

posted by akko at 17:11| お知らせ Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

田谷の洞窟

「高校生のころからずっと行きたかった洞窟があるんだけど…」

という仏友のRicaさん。洞窟ですか?耳なんとまあ、趣味が広い…。横浜にある瑜伽洞(ゆがどう)という洞窟で、どうやら真言宗のお寺の境内にあるらしい。瑜伽洞ってなんだろう。ヨガでもする洞窟なのかな? 興味深いキーワードが盛りだくさんだったもので、二つ返事でOKしました。

次の日にさっそく、その謎の洞窟へ…。

住所は横浜ですが、鎌倉に近いです。最寄り駅は北鎌倉の隣の駅の、JR大船駅。

IMG_1815.jpg
駅からバスに乗車。真新しい新車の車両にテンションが上がりますexclamation(←新車の内装のにおいが好き)
のどかな田園風景を車窓から眺めながら、バスに揺られること5分くらい。

IMG_1816.jpg
大きな看板があるので、迷うことはありません。「田谷の洞窟」は通称で、正式名は「田谷山瑜伽洞(たやさんゆがどう)」。

IMG_1818.jpg
​真言宗大覚寺派の田谷山・定泉寺(じょうせんじ)。定泉寺は、室町時代に開創したお寺で、本尊は身代わり阿弥陀如来、不動明王、弘法大師を祀っています。

階段を上がって境内へ。本堂でお参りをし、脇の寺務所で拝観料を払います。寺務所では小さなロウソクをもらいました。

田谷の洞窟1820.jpg
寺務所の裏山にぽっかりと空いた洞窟が…。

田谷の洞窟.jpg
瑜伽洞(ゆがどう)の入り口。瑜伽(ゆが)というのは、密教用語で「融合一体になる」という意味があり、平安時代に空海先生が中国経由で日本に持ってきた精神修行。現代でいうヨガに通じます。

洞窟の前には、木の板がたくさん置いてありました。これは木製のキャンドルスタンド♪ 先ほど寺務所でいただいたロウソクを刺します。
インディージョーンズさながら、いざ探検!…と意気込みたいところですが、洞窟は今でも修行で使われる厳かな場所。お化け屋敷ではないので、静かに入りましょう。(洞窟内は撮影禁止なので写真はここまで)

洞窟に入ると、ぐっと気温が下がりました。年間を通して15〜16度だそうです。この日は30度越えの日だったので、かなり涼しく感じます。全長1キロあるという洞内には、岩盤に多くの彫刻が彫られていました。阿吽の獅子からはじまり、薬師十二神将、金剛界曼荼羅、秩父三十四観音霊場、西国三十三観音霊場、四国八十八霊場、坂東三十三観音霊場、高野山奥の院……。

そう、この洞窟を一周すると、あらゆる観音霊場を巡礼したと同等の功徳があると言うのです!!目それもそのはず、行者さんの手によって無数の仏さまが壁面や天井にまで彫られていて、見る者に無言の説法を続けています。

私たちの前には、欧米人の彼氏を連れた日本人の女性が入って行きました。手をつないでかなりラブラブです。ハートたち(複数ハート)どうやら、外国人に人気のスポットらしいのですが、二人は楽しめたでしょうか。彼は何人なのか分かりませんでしたが、どのように感じたのか、英語が堪能ならいろいろ聞きたかったです…。
そして私たちの後には、子供連れの親子。3〜4歳くらいの小さな女の子二人は、「こわいよ〜、こわいよ〜」と半べそかきながら、終始叫んでいました…w その悲痛な叫びに、こちらも怖くなってきます。

真っ暗な洞窟にいくつか電球の明かりはあるのですが、薄暗い。水も流れているので、ピチャピチャという水の音がいっそう不気味に聞こえます。なんで、あんな小さな子供を連れて来たのだろう……。おしおき?お父さんの趣味?

最後はまた最初の入り口にたどり着く、という構造になっていました。外の光を見つけたときは、地底の黄泉の世界からの再生という感じで、生まれ変わったような気持になりました。ぴかぴか(新しい)

IMG_1824.jpg
本堂の前の空海先生の銅像の前で、ツーショット。嬉しいわ〜黒ハート

定泉寺では、洞内で、定期的に一般の人も参加できる座禅会を実施しているようです。ご興味のある方はぜひどうぞ。


定泉寺をあとにした我々は、バスで大船駅まで戻り、少し遅めのランチ。

IMG_1829.jpg
入ったお店の名は、「麺屋 空海」exclamation
え? 狙った訳じゃないですよ…。本当に偶然なんですが、きっと空海先生のお導きでしょう!ぴかぴか(新しい)
「空海」を名乗るからには、何かしら空海に由来しているのだと思ったのですが、コンセプトは「女性でも入りやすいラーメンダイニング」。社長さんが空海ファンなんでしょうかねえ…。一度真相を聞いてみたいです。

それにしても、高校生のころから田谷の洞窟が気になっていたなんて、そのころから仏心に目覚めていたんでしょうか…。さすが筋金入りの仏女ですね。(あ、Ricaさんのことです)


ひらめきお知らせ山形・出羽三山☆宿坊ヨガ&お月さま瞑想リトリート!


日本屈指のパワースポット、羽黒山の宿坊でヨガ&瞑想イベントを行います。日程は2015年8月8日(土)〜9日(日)。詳細はこちら♪
http://qq4q.biz/lYRd
posted by akko at 01:01| 仏女日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする