勝楽寺

お友達に誘われ、町田にある勝楽寺へ行ってきました。 本日は、こちらの本堂でシュタイナーの総合芸術の公演だったのです。「オイリュトミー」という舞と、笙(しょう)という日本の伝統楽器により、異次元に行ったような不思議な感覚に。演目は、宮沢賢治の『四又の百合』と、サン・テクジュベリの『星の王子さま』です。オイリュトミストのはたりえさんが朗読をしながら舞い、演奏家の田島和枝さん奏でる神秘的な笙の音が本堂に響き渡りました。 シュタイナーは西洋で、笙は日本ですが、通ずるものがありますね。シュタイナー体験は初めてだったので、とても勉強になりました。 シュタイナーも素晴らしいのですが、やはり私は本堂の装飾が気になって気になって❗️😅浄土宗のお寺ですが、密教の影響を受けてるんだなぁと興味深く、マジマジと見てしまった❗️ 襖には迫力ある神鳥が?何という鳥なんでしょうか。黒い鳳凰さま? こちらは掛け軸。遠目から見ると滝に見え、龍がまとわりついているように見えました。 仏様がきらびやかに。 こちらも何だろう。住職さんに色々聞きたかったのですが、チャンスなく…。HPにも説明が見当たらなかったので、いつか詳しく調べてみたいです。

続きを読む