⑤高野山・町石道チャレンジ!(丹生都比売神社に到着)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~(④の続き)◎丹生都比売神社に到着!ようやく念願の丹生都比売神社にたどり着いたのですが、分岐付近で雨がポツポツ…。このまま10キロの道のりを歩いて高野山まで行くか、判断を迫られました。147町石。137町石。137町石から「六本杉」の分岐に至る間、階段状の石組みが出現します。平成6年から5年かけて改修工事が行われたときに作られたそうです。分岐が見えてきました!12:45。六本杉の分岐点に到着。そのまま町石道を歩くか、天野方面に向かうかの分かれ道があります。私は、丹生都比売神社に行きたかったので、天野方面を歩くことに。結構急な下り坂もあり、滑りやすいので注意が必要です。こんなかわいいアマガエルさんを発見。ほんとこのお山は、いろいろな生き物に出逢うなあ。30分くらい歩くと、県道が見えてきました。のどかな田園風景が広がる天野の里です。県道109号に出たら、そのまま左に進みます。丹生都比売神社の鳥居が見えてきました。鳥居をくぐり、その先にあるのが太鼓橋です。丹生都比売神社のシンボル、朱塗りの太鼓橋。豊臣秀吉の側室、淀君が寄進したと伝わります。汗を拭きながら、一歩一歩進みます。たどり着きましたーーー!実は今回の巡礼では、どうしても丹生都比売神社に参拝したかったのです。それは何故かというと、丹生都比売神社は、高野山を含む、紀伊山地北西部一帯の総鎮守だからです。ああ……高野山5回目にして、ようやく参拝できました。合掌ぴかぴか(新しい)御朱印をいただきました。そして、念願…

続きを読む

④高野山・町石道チャレンジ!(突如、台湾との交信)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~(③の続きです)◎突如、台湾との交信 みかんの妖精に助けられ、なんとか銭壷石まで戻りました。 銭壷石からの町石道は、ちょっと薄暗い。明るくて道が太い農道に引き寄せられ、町石道からそれてしまったようです。無事戻れてよかったわ…。雨引山分岐まで来ました。(雨引山に雲がかかると雨が降ると言われているそうです)相棒のApple Watchを見てみます。今日は23度まで上がってるのね…。森の中はまだマシだけど、暑いわけだわ。Apple Watchは、iPhoneと連動しているので、電話はもちろん、LINEやFacebookのメッセージも受け取ることができます。このときは、突然、台湾の学生の友人からこんな質問が…。「あっこさん、“二拝四拍手一拝”って何て読むの?」( ´д`)えっ…。今じゃなきゃだめ? 「にはい・しはくしゅ・いっぱいって読むのよ−!」。でも、これって出雲大社の特殊な参拝方法だよね。普通は二拝二拍手一拝だから…。「卒論の論文を書いているんです。これは宇佐神宮の参拝方式」宇佐神宮も二拝四拍手一拝だったの?あたしゃ、知らなかったよ…wwそういえば、宇佐神宮は空海先生ゆかりの神社。このタイミングでなんだか不思議だわ〜。※ちなみにApple Watchに関しての記事は、日経WOMANオンラインで詳しく書いてるので、よろしければご覧下さい♡日経WOMANオンラインhttp://u222u.info/l155http://u555u.info/l…

続きを読む

③高野山・町石道チャレンジ!(道に迷い、みかんの妖精に出逢う)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~②の続きです。◎道に迷い、みかんの妖精に出逢う町石道の道しるべ、町石。空海さんが卒塔婆(そとば)を立てて目印としたのがはじまりですが、木製なので腐食してしまい、後生に石へと変わりました。この町石は、1町(約109m)おきにたって、巡礼者を高野山へと導いてくれます。石は空海さんの故郷、讃岐産の花崗岩を使用しているそうです。高さ3.3メートルある町石は、五輪塔形式になっていて、上から空輪・風輪・火輪・水輪・地輪の5つの石で構成されています。大きなタケノコさんが生えていました。しばらく柿やみかん畑の脇をてくてく登ります。夏は日差しを遮るものがないので、結構暑いと思います。勾配もきついので、水飲みまくりでした。竹やぶがあらわれました。木陰になっている美しい道。竹やぶの中の172町石。ふう…またしばらく段々畑の間を歩いていきます。畑にとっては最高の日差し!夏の巡礼者にとっては厳しい日差しです。10:30。展望台に着きました。ずいぶん高いところまで登ったなあ…。あずまやもあるので、木陰でちょっと休憩。私の前を歩いていた、30代くらいの青年と(後で聞いたら高野山の若いお坊さんだったみたいです)60代くらいのおじさまも休憩中。少し話を交わします。ここまでも結構ハードなので、しっかり水分補給をして、行動食もとります。久しぶりに滝のような汗をかいたので、梅干しなどのしょっぱいものがとても食べたくなりました。しばらくしたらまた歩き始めます。歩いていると、段々畑の…

続きを読む