難所の八溝山へ③佐竹寺

②の続きです 美味しい蕎麦と名水を堪能し、八溝山を後に。友人2人は寺巡りが目的なので、常陸太田市の佐竹寺に向かいます。 日も傾いてきた。急げ〜! 16時30分すぎ到着! ギリギリセーフ! 佐竹寺は坂東三十三観音巡りの22番札所。 重厚な茅葺き屋根が特徴のお寺です。 創建は平安時代中期だそうで…。立派な古刹ですね〜。 友人たちの御朱印待ちの間、お庭を散策。ニャンコが池の上で寝ています。カワイイ。 こちらにもニャンコ。 このお寺には何匹かニャンコがいるようです。 寺めぐりを終え、次に向かうは、大洗。 大洗礒前神社に向かいます! 現在、17時すぎ。夕暮れまでに間に合うかなー!?運転手の私は焦ります! ④につづく 保存保存保存

続きを読む

難所の八溝山へ②湧き水探し

①のつづきです 八溝山の日輪時で御朱印をいただき、達成感を味わってほっと一息。 お菓子で空腹を満たしながら、次は八溝山の湧き水を探します。 西国観音巡りをしている友人たちは日輪寺が目的のひとつでしたが、 私の目的はというと、湧き水&名水蕎麦めぐりなのです。 標高約1000メートルほどの八溝山の八合目付近にはいくつか湧水スポットが存在します。 「名水100選」に選ばれた八溝川湧水群があり、「金性水」「龍毛水」「白毛水」「鉄水」「銀性水」という五水があるのだそう。黄門さまこと、水戸光圀公が命名されたとのことです。 日輪寺から少し山を下り、景色のよい富士見ヶ丘に到着。 ここから足で水を探します。確かこの辺のはず…。水を求め、さまよい歩く私。湧き水さん、どこなの〜 階段を下った先に「白毛水」の水汲み場を発見〜!紫外線完全防備の友人も水を汲みます。ここはどうやら、水がチョロチョロとしか出なようです。次に行きます。 山を下りた場所にある表札の近くからも湧き水が流れていました。ここで500mlほど汲むことができました〜♫ そのほかの湧水スポットは時間の関係で断念! 時計を見ると、すでに14時をまわっています。 3人ともお腹ぺこぺこです。(ぺこぺこって死語?) そば処 待月さんへ。 注文を受けてから蕎麦を打つので、出るまで時間がかかる待月さん。待月さんだけに…しかたないわ。 30〜40分くらいは覚悟しておいた方がよさそうです。 でも待つわ…

続きを読む

難所の八溝山へ①日輪寺

(車窓から助手席の友人が撮ってくれた青空) 坂東三十三観音めぐりをしている友人2人と、坂東の最大の難所と言われる日輪寺へ行ってきました!(6月4日)数年前から約束をしていたのですが、なかなか3人の予定が合わずにいたのです。 私は観音巡りはやってないのですが、湧き水&蕎麦めぐりがしたくてコンプリート。 最高のお天気ーー!🌞 地元である常磐線勝田駅からレンタカーを借りてのドライブです。 茨城、栃木、福島県の3県にまたがる八溝山へ方面へGO‼️9時半すぎに勝田を出発しました。 距離のイメージ。ひえー!なかなか遠いわね!!(O_O) 快適なドライブの途中に寄った「道の駅さとみ」。 出迎えてくれたのは謎のカカシさん。カカシの里なのかしら?のどかだわ〜。 (車窓から助手席の友人が撮ってくれた田園風景) 信号もほとんどないし、対向車も来ないし、広大なプライベート道路を走っているような感覚。我々はどこかの不思議な国にワープしちゃったよかしら?そんな気分。 山道を走り、ピンカープを何度も曲がり…これはほんとに難所だわ。 車とは言え、一人で行ったらめげるなこれは…。 12時半すぎに、ようやく看板を発見〜! わ!看板ちっさ!笑 13時前にやっとこさ到着ーー! 駐車場からすぐに階段が続いていて、その先にお寺がありました。 バイクのツーリング中のお兄さんに頼んで、撮ってもらいました♪ 到着したときは我々だけだったけど、しばらくするとお寺にどんどん?人が…

続きを読む

6月15日は空海先生のお誕生日

こちらのブログに久しぶりに書ける〜! (最近はメインブログばかりでごめんなさい) そうです、空海ファンならご存じと思いますが、6月15日は空海先生の誕生日とされている日です。 空海さんは774年、香川県の善通寺で生まれました。 和歌山県の高野山では、「青葉祭り」といって、毎年盛大に町を挙げてお祭りが行われます。 そんなわけで、6月15日は私にとってちょっぴり特別な日なんです。 本当は高野山まで行きたいけれど、距離があるのでなかなかすぐには行けません。 そ、そうだ!東京別院がある…!! HPで調べてみると、誕生日を祝して、四国八十八カ所のお砂踏みを開催しているとのこと! さっそく行ってみました。 本堂に到着!嵯峨御流奉納生け花も展示してありました。 本堂脇にお砂踏みが設置されてる!4時前、時間ギリギリセーフ!さぁ、踏むぞ〜!笑 1ヶ寺、1ヶ寺、ご本尊が描かれた掛け軸がかけられて、下にはその寺の砂が入った布が置かれています。お砂を踏むことによって、八十八ヶ所を巡ったと同じ御利益があると言われているのが、このお砂踏みなんですね。色々な仏様がいらっしゃるのね〜。 ふみふみしていると、お!こちらは高知県の土佐国・第36番 青龍寺ではないですか。(朝青龍が若いときに稽古した場所です)あの長い階段、懐かしい〜。ご本尊は大好きな波切り不動明王さま!(波切り不動明王は、空海先生が中国に舟で渡ったときに、暴風雨から舟を守ってくれた仏様です)※ちなみに、小豆…

続きを読む

お遍路記事アップしました

FPカフェモカさんで連載中の四国巡礼記事。ひきつづき、2記事アップしています。■第二十九番・国分寺〜第三十四番・種間寺 お地蔵さんに酒断ち祈願、底が抜けたひしゃくは安産祈願? 巡りたくなる土佐の札所■第三十四番・青龍寺〜第三十八番・金剛福寺お遍路泣かせの難所中の難所を超えて、絶景へ!

続きを読む

もっと見る