満月ヨガ&満月瞑想会について

なかなか空海研究の記事が進まなくてごめんなさい。満月ヨガ&満月瞑想会は定期的に開催してますので、もう一つのBlogのリンクを貼っておきますね!ヨガの後に、私は阿字観の月輪観をお伝えしています。お坊さん以外でお伝えできる人は数少ないので、もしよろしければぜひご参加くださいね。http://watarigarasu8.seesaa.net/article/449805313.html

続きを読む

高野山取材

先日は高野山でMISIAのキャンドルナイトコンサートがありましたね。私も行きたかったな〜。 さて、今年の夏頃、ほぼ同時期に取材した高野山の記事がでましたのでお知らせします。 ひとつはオズマガジン最新号(裏表紙からはじまるイイトコドリップ企画)と、もう1つは『はれ予報』(しんきんVISAカードの会員誌)です。イイトコドリップはWebでも読めます。https://www.ozmall.co.jp/trip/iitoko/tv/5分番組もかわいいですよ♪OZの女子旅イイトコドリップ#19『和歌山高野山宿坊トリップ』はれ予報http://www.shinkincard.co.jp/visa/hare/オズマガジンの女子旅と、はれ予報の歴史物企画とは、コンセプトやテーマがぜんぜん違うので、同じ高野山取材でも全く違う記事になっております。もしお手に取る機会がありましたらぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む

高野山女子旅ムービー!

今月のOZ女子旅イイトコドリップは、和歌山県高野山です!BS12ch TwellVでも毎週日曜に放送しています。高野山は、今、秋の特別開帳中。金堂の秘仏、高村光雲作のイケメン仏像などがご開帳されてますのでこの機会にぜひ!!http://www.nankaikoya.jp/event/koyasan1200/event/見てね〜♪OZの女子旅イイトコドリップ#19『和歌山高野山宿坊トリップ』

続きを読む

高野山カフェ2015

毎年大好評の高野山カフェin 丸の内ハウス。最終日は高野山のお坊さんによる声明でイベントは締めくくられました。ホントは屋外での青空声明でしたが、残念ながら雨なので急きょ屋内に。お坊さんの声が新丸ビルに響き渡ります。音階がある密教独特のお経、声明(しょうみょう)。歌を聴いていると厳しい寒さの冬の高野山で修行している、若いお坊さんが目に浮かび、おもわずウルウル……。もしや、前世はお坊さんの母だった?目

続きを読む

高野山東京別院での写経会に参加しよう♪

毎日暑い日が続きますね…。こう暑い日が続くと、体と同時にメンタルもへたってきます。そんなわけで、お寺で写経をやってみませんか? 丸の内はんにゃ会のお写経といえば、これまで五反田の薬師寺東京別院をメインにしていたのですが今回は、はじめて高野山東京別院でのお写経させていただきます!丸の内はんにゃ会になっていない方は、HPから会員登録をしてお申し込みくださいませ。http://m-hannya.jimdo.com/━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■8月29日(土)高野山東京別院での写経会に参加しよう♪──────────────────────────────────◇日時   2015年8月29日(土)13時~◇場所   高野山東京別院      港区高輪3丁目15-18      (JR「品川駅」から徒歩15分、都営浅草線「高輪台」駅から       徒歩9分)◇集合   高野山東京別院の門の前に12時40分に集合      (丸の内はんにゃ会と書いた紙を持ってお待ちしています)◇定員   10人くらい◇奉納代  1000円(当日直接お支払いください)※写経の道具は揃っています。参加希望の方は…http://m-hannya.jimdo.com/

続きを読む

⑥高野山・町石道チャレンジ!(上古沢駅までのとても長い1時間)

〜世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!〜 (⑤の続き)◎上古沢駅までのとても長い1時間杉林の尾根を横に見ながら、急な坂を下ります。古峠から上古沢駅までの道は、細くて急な坂道が多いので、気を付けた方が良さそうです。上の方から雨が強くなってきた音が聞こえます。茂った木々のおかげであまり濡れないのが、せめてもの救いでした。上古沢駅の看板を発見! これは近そうだぞ。もう少しだ。がんばろう。ダッシュ(走り出すさま)おお…!光が見えてきた〜!駅も近いか!?あれ? 山間部の畑に出ちゃった。どこが駅なんだろう…後から調べたら、ここは柿畑だったようです。ここからまたくねくねと道のりは長かった… 「駅までもう少し!」「いや、まだみたい!」…という、あとどのくらいか分からない辛さに、精神的な限界を感じ、疲労マックス!ぐったりしていると、道端でのんきに寝ている柴犬に遭遇。 雨が降っているのに、のんきなワンコだなあ。ワンコは突然ムクっと起き上がり私の方へ…。お顔がニコニコしているように見えます。疲れた私を癒してくれるのかしら〜。天使!ぴかぴか(新しい) …と思ったのですが、目も合わせずワンコは私の横を素通りして行きました……www悲しい…。もうやだ〜(悲しい顔)ワンコにも見捨てられた私ですが、気を取り直して、再び歩き出します! 顔を上げると、山間から、高野山へ向かう南海電鉄の特別列車が!列車に乗れば、車窓からの景色は見れるけど、逆に山から列車を見ることは初めて!濃い緑に、高野山開創1200年仕様のラッピングの紫が映えて、とても綺麗です。少し気持を持ち直…

続きを読む

⑤高野山・町石道チャレンジ!(丹生都比売神社に到着)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~(④の続き)◎丹生都比売神社に到着!ようやく念願の丹生都比売神社にたどり着いたのですが、分岐付近で雨がポツポツ…。このまま10キロの道のりを歩いて高野山まで行くか、判断を迫られました。147町石。137町石。137町石から「六本杉」の分岐に至る間、階段状の石組みが出現します。平成6年から5年かけて改修工事が行われたときに作られたそうです。分岐が見えてきました!12:45。六本杉の分岐点に到着。そのまま町石道を歩くか、天野方面に向かうかの分かれ道があります。私は、丹生都比売神社に行きたかったので、天野方面を歩くことに。結構急な下り坂もあり、滑りやすいので注意が必要です。こんなかわいいアマガエルさんを発見。ほんとこのお山は、いろいろな生き物に出逢うなあ。30分くらい歩くと、県道が見えてきました。のどかな田園風景が広がる天野の里です。県道109号に出たら、そのまま左に進みます。丹生都比売神社の鳥居が見えてきました。鳥居をくぐり、その先にあるのが太鼓橋です。丹生都比売神社のシンボル、朱塗りの太鼓橋。豊臣秀吉の側室、淀君が寄進したと伝わります。汗を拭きながら、一歩一歩進みます。たどり着きましたーーー!実は今回の巡礼では、どうしても丹生都比売神社に参拝したかったのです。それは何故かというと、丹生都比売神社は、高野山を含む、紀伊山地北西部一帯の総鎮守だからです。ああ……高野山5回目にして、ようやく参拝できました。合掌ぴかぴか(新しい)御朱印をいただきました。そして、念願…

続きを読む

④高野山・町石道チャレンジ!(突如、台湾との交信)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~(③の続きです)◎突如、台湾との交信 みかんの妖精に助けられ、なんとか銭壷石まで戻りました。 銭壷石からの町石道は、ちょっと薄暗い。明るくて道が太い農道に引き寄せられ、町石道からそれてしまったようです。無事戻れてよかったわ…。雨引山分岐まで来ました。(雨引山に雲がかかると雨が降ると言われているそうです)相棒のApple Watchを見てみます。今日は23度まで上がってるのね…。森の中はまだマシだけど、暑いわけだわ。Apple Watchは、iPhoneと連動しているので、電話はもちろん、LINEやFacebookのメッセージも受け取ることができます。このときは、突然、台湾の学生の友人からこんな質問が…。「あっこさん、“二拝四拍手一拝”って何て読むの?」( ´д`)えっ…。今じゃなきゃだめ? 「にはい・しはくしゅ・いっぱいって読むのよ−!」。でも、これって出雲大社の特殊な参拝方法だよね。普通は二拝二拍手一拝だから…。「卒論の論文を書いているんです。これは宇佐神宮の参拝方式」宇佐神宮も二拝四拍手一拝だったの?あたしゃ、知らなかったよ…wwそういえば、宇佐神宮は空海先生ゆかりの神社。このタイミングでなんだか不思議だわ〜。※ちなみにApple Watchに関しての記事は、日経WOMANオンラインで詳しく書いてるので、よろしければご覧下さい♡日経WOMANオンラインhttp://u222u.info/l155http://u555u.info/l…

続きを読む

③高野山・町石道チャレンジ!(道に迷い、みかんの妖精に出逢う)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~②の続きです。◎道に迷い、みかんの妖精に出逢う町石道の道しるべ、町石。空海さんが卒塔婆(そとば)を立てて目印としたのがはじまりですが、木製なので腐食してしまい、後生に石へと変わりました。この町石は、1町(約109m)おきにたって、巡礼者を高野山へと導いてくれます。石は空海さんの故郷、讃岐産の花崗岩を使用しているそうです。高さ3.3メートルある町石は、五輪塔形式になっていて、上から空輪・風輪・火輪・水輪・地輪の5つの石で構成されています。大きなタケノコさんが生えていました。しばらく柿やみかん畑の脇をてくてく登ります。夏は日差しを遮るものがないので、結構暑いと思います。勾配もきついので、水飲みまくりでした。竹やぶがあらわれました。木陰になっている美しい道。竹やぶの中の172町石。ふう…またしばらく段々畑の間を歩いていきます。畑にとっては最高の日差し!夏の巡礼者にとっては厳しい日差しです。10:30。展望台に着きました。ずいぶん高いところまで登ったなあ…。あずまやもあるので、木陰でちょっと休憩。私の前を歩いていた、30代くらいの青年と(後で聞いたら高野山の若いお坊さんだったみたいです)60代くらいのおじさまも休憩中。少し話を交わします。ここまでも結構ハードなので、しっかり水分補給をして、行動食もとります。久しぶりに滝のような汗をかいたので、梅干しなどのしょっぱいものがとても食べたくなりました。しばらくしたらまた歩き始めます。歩いていると、段々畑の…

続きを読む

②高野山・町石道チャレンジ!(慈尊院からスタート)

~世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!~①の続きです。◎慈尊院からスタート朝食を済ませたら、9時前に宿を出て、歩いて学文路(かむろ)駅まで。歩いて20分くらいかな。木造の可愛らしい駅です。ここから九度山駅まで1駅。九度山駅に着いたら、町石道の起点となる、慈尊院を目指します。てくてく歩いて行くと、九度山は趣のある家屋が建ち並びます。亀さんとまだ眠そうなワンちゃんにも出逢いました。20分くらい歩くと、見えてきました!慈尊院です。慈尊院は、空海先生がお母さんのために建てたお寺。明治時代の女人禁制が解かれるまで、女性は山に登ることはできず、高野詣は慈尊院まででした。空海先生のお母さんでさえ、登れなかったんです。そんなことおから女人高野とも言われています。ありがたく登らせていただきます!(合掌)空海先生が建立した多宝塔。この左脇に丹生官省符神社(にうかんしょうぶじんじゃ)の長い階段があります。丹生官省符神社の階段。丹生官省符神社は、ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産の一部です。お寺に神社?と不思議に思われるかもしれませんが、神仏習合(しんぶつしゅうごう)と言って、古来、日本人は神も仏も一緒にお祀りしていました。(明治維新の廃仏毀釈で離されますが)日本独特の宗教形態である神仏習合の実態を示す貴重な資産になっています。この鳥居の右端に、180町石のはじまりがあります。町石のはじまり。ひっそりと佇んでいますので、見逃してしまわないように注意です。町石道には、このような五輪塔型の…

続きを読む

①高野山・町石道チャレンジ!(前日は橋本で1泊)

〜世界遺産を歩く。高野山への祈りの道、町石道チャレンジ!〜(①Challenge to the world heritage Koyasan pilgrimage road!)1200年前に空海さんによって開創されて以来、高野山は庶民から天皇まで幅広く信仰を集めてきました。この聖地へ向かう道は、高野七口(こうやななくち)と呼ばれ、七つの道に集約されています。その中でも表参道として古くから知られるのが「町石道(ちょういしみち)」と言われる山道です。町石道は高野山開創直後から建設されたと言われており、一丁(109m)ごとに参詣者を導く五輪卒塔婆が建てられました。高野山の麓、九度山(くどやま)にある慈尊院から出発して、山上の西口の玄関、大門へと抜ける全長約24キロの道には、天皇や貴族によって寄進された216本の町石が、今でもほぼ完全な形で残って残っています。今、高野山へのアクセスは電車やケーブルカーを使うことができますが、昔は自分の足で登りました。貴族でさえも馬を使わず、わらじを履き、自分の足で登り参拝したと言います。(貴族階級として初めて登ったお方は、藤原道長さん。(1023年))高野山へは5〜6回目ですが、次はどうしても自分の足で登ると決めていたので、今回は町石道に挑戦することにしました!◎前日は橋本で1泊登山の前日は、高野山の麓、橋本に泊まることにしました。この日は橋本も暑い!半袖です。駅前には謎のまことちゃんが!!怖いよ…wどうやら楳図かずおさんの地元らしいです。 本日お世話になるのが、「ゆの…

続きを読む